埼玉県の遺品整理・家一軒丸ごと片付け・ごみ大量処分対応。リサイクルイズミ

  • ご注文・お問合せ
  • サービス詳細
  • 低料金の秘訣
  • お客様の声
  • もしもの時は
  • お客様は何もしなくて大丈夫
  • 法人・企業・自治体のお客様へ、提携と講義のお知らせ
  • 会社概要

忘年会に参加しました

先日、新しくお付き合いをさせて頂いた、葬儀社様の忘年会に参加しました。

私自身は、とても付き合いの悪い人間で、そういった多くの見ず知らずの人が集まる催しは避けて通る事が多い人生でした。

 

なので、他社を交えた忘年会の参加というのは初めての出来事でした。

んで、忘年会。

 

初めての参加なので、どんな服を着て行ったら良いか?

その葬儀社様の忘年会に初めて参加する身なので、その場がどういった状況なのかがさっぱり分からないので、私どもの常識が試される場となりました。

 

くだけた場なのか、フォーマルな場なのか?

どちらにも対応できるようスーツで、ネクタイは無しで、なものの参加者がキチッとしてたらネクタイを締めようと右のポケットにネクタイを忍ばせての参加でした。

 

そしたところ、結果はフォーマルな場で、どちら様も完全営業武装で、スーツにネクタイでありまして。

うっかりジーパンで参加しなくてよかったああああああああああと、私自身が恥をかくのはどうでも良いのですが、私の運営する会社が恥をかくのは、そこで働く人たちの生活に関わってくるので、ホッと胸をなでおろしました。

 

葬儀社様の関連会社、60名程が参加した忘年会でしたが、どちら様もはぶりが良いなあと感じました。

仕事も地味だし、はぶりも地味な我社には、とうてい真似できないスケールの忘年会で。

 

新参者の私は、お酒を注ぐのに必死な感じでした。

でも、疲れたー。

2次会は遠慮して、会場を後にしましたが、私ども初参加の人間には、疲れました。

 

取引先の社長や会長、部長や担当に挨拶しまくりで。

向こう様も、数十社からの献杯を受けて、当の社長は私のお酌をする前からグデングデンになっておりまして。

 

それでも、私の話に耳を傾けてくださって、多くの会社を統括する人ってのは大変だなあと思ったところでした。

どうなんだろ?

献杯でグデングデンってのは、社長冥利に尽きるのか、社長の苦労となるのか?

お酌に回る、小さな会社の社長である私には、その酌を受ける側の気持ちが分からないところです。

順当にいけば「嬉しい」と感じていると思うのだけども、もしかすると「辛い」と感じてるやも知れません。

 

小さな会社の社長業をしている私ですが、いつかその気持ちが分かるようになればと思うところです。